hgl clothing koriyama

hgl clothing 掲示板

184385

情報32 - アントン・ラヴェイ副店

2017/04/03 (Mon) 19:38:47

情報

Re: 情報32 - 9

2017/04/25 (Tue) 15:11:12

北朝鮮ミサイル落下時の行動


政府は日本に落下する恐れがある場合、全国瞬時警報システムを通じて情報を発信、避難を呼びかけ落下場所を続報で伝える。


ミサイルは極めて短時間で飛んでくるため、すぐに避難が必要。
昨年2月は北朝鮮発射後3分で情報が流れ、10分で沖縄上空を通過、だそうですが、屋外にいたら頑丈な建物か地下街へ避難、なければ物陰に身を隠すか地面に伏せ頭を守る。木造の自宅なら窓のない部屋へ。車にいたら燃える恐れがあるので車外へ。
核兵器、生物兵器、化学兵器も念頭におき、近くに着弾したら屋外なら口と鼻を覆い風上か室内へ避難、屋内では換気扇止め目張りで密閉するよう求めている。

政府はこうして具体的な避難訓練を順次実施したい考えで、都道府県に要請。


本気なのこれ?て笑ってしまったんですけど…うける、ミサイル飛んできたら逃げ場なんてないじゃん、避難訓練して助かるの?
地下街があるとこ限られてるだろ…
地面に伏せて頭を守れ?口と鼻を覆い換気扇とめ目張りって…放射能と同じだね言うこと…だからその全国警報システム?情報流れないかもね…信用ならないよね
自分たちは地下シェルターで安全に会議して?

Re: 情報32 - 9

2017/04/25 (Tue) 14:08:46

自主避難者への3月末での住宅支援打ち切り、119世帯は住まいが未確定。

確定、移転済みの世帯は県外の避難者は避難先で生活を継続78%(3736世帯)、避難元、県内へ帰還18%(876世帯)、それ以外へは3%(169世帯)。県内の避難者は避難元に戻るが67%と最多(2639世帯)、避難先に残る24%(936世帯)、それ以外へ10%(388世帯)。


2639世帯の避難元に戻ることになった方々は、どんな思いで戻ったのか…仮にいつかしらは戻りたい気持ちは持っていたのだとしても、住宅が無償なら今はまだ戻ることはしなかったのでは?と私は思いました。







Re: 情報32 - 9

2017/04/25 (Tue) 13:46:45

今村復興相の辞任を要求


福島県から愛媛県に避難し国と東電に損害賠償を求める提訴を起こした原告と支援団体は今村復興相の辞任を求める文章を復興庁に提出する。


南相馬から避難した渡辺さん(38)は→事故の当事者として深く傷ついた、うやむやにする雰囲気を許してはいけない、と話した。

Re: 情報32 - 9

2017/04/25 (Tue) 13:41:16

藤沼湖 7年ぶり供給再開


震災で決壊した福島県須賀川市の藤沼湖。
決壊後、下流で死者7名、行方不明1名。
農業用ダムでした。
震災後、農業用水が雨頼りになり米の収穫量は7割に落ち込む。
昨年12月に堤体が完成し、昨日7年ぶりに農業用水の供給を再開。
長沼地区、復興への第一歩、と農家の方



藤沼湖は今桜が満開だそうです。






Re: 情報32 - ex 自主避難者

2017/04/11 (Tue) 20:07:26


香山リカ

早川由紀夫教授、私は精神科医として自主避難されている方々の相談に乗ったこともありますが、その方たちの苦しみや葛藤は「自分の人生を自分で決められてすばらしい」などという状態とはほど遠いものでした。どうぞお言葉をお慎みください

Re: 情報32 - 諸行無常

2017/04/07 (Fri) 04:42:51

原発事故から6年、都合の悪いことを黙殺し続ける私たちの「病理」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51030

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51366

Re: 情報32 - 9

2017/04/06 (Thu) 19:02:10

「311甲状腺がん家族の会」

東電による原発事後に伴い実施されている甲状腺検査で、小児甲状腺がんと診断された患者、その保護者が中心となって2016年3/12設立。


「なぜ唐突に甲状腺がんになってしまったのか。ヒバクの影響なのか、影響ではないのか。何もわかってません。しかし、私たちは甲状腺がんと向き合わざるを得ない人生を強いられています。会では同じ状況にある方々同士、様々な悩みを共有し、解決していきたいと思っています。」


社会的に孤立してる甲状腺がん患者家族同士の親睦を深め、患者の治療及び生活の質を高めるため情報交換を行い、関係機関に働きかけるなどの活動を行っている


家族サロン・甲状腺学習会・治療相談・生活支援など
(療養費、通院にかかる交通費の支援も行っている)

会では入会を募るとともに、主旨に賛同して頂ける方からの寄付もお願いしています。



Re: 情報32 - アントン・ラヴェイ副店

2017/04/03 (Mon) 19:41:23

投稿しなくてスマン

でも原発に対する不満の熱は冷めやらない

一生 脱原発

誰がなんと言おうと



あなたの知らない世界


http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/10/fukushima-daiichi-nuclear-power-plant-2016_n_9412886.html

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.